-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-11-22 18:31 | カテゴリ:自転車装備あれこれ
我が家は共働き。
嫁の仕事は家で出来るお仕事なので、立て込んでくると当然のように土日休日の家事子育てが自分に回ってくる。

「自分、稼ぎが少ないもんで」
ここは協力しなきゃね。

しかし嫁さん忙し過ぎです。
11月は山に1回しか行けてません。
来月になったら少しは山行き許してくれるかなと期待しております。

さて本題のヘルメットの件。
自分がMTBを始めてからずっと使っているのがコイツ。
10数年前初めてMTBを手に入れた際に一緒に購入したシロモノ。
Protecのどんぶりメット。

写真。
こいつをこれからも使っていいと考えていたのですが、メットにも賞味期限があることを知り、早く買い換えなきゃと考えておりました。
1年前くらいから買い替えの構想はあったのですが、ビジュアルと快適性の比重が高いアイテムなので、選定になかなか時間がかかってしまいました。

自分に似合って尚且つ頭の形に合うメット。
候補に挙がったのが
OGK  REGAS-2 (リガス2) ファングガンメタ

20131122リガス2_R

試着すると、色合い的にそこそこ似合うし頭の形にもフィットするものの、決め手に欠けて見送り。

bern Brentwood (ブレントウッド) マットグレイ

20131122bern_R.jpg

画像を見ておしゃれだとは思ったが、実際着用すると少し微妙。
それから今所有しているプロテックのどんぶりメットと被るので購入に至らず。

話しは変わるけど、自分の冬用ウェアリングはかなり地味。

黒やシルバーのウインドブレーカー。
黒地に紫のロゴの入ったネックウォーマー。
グレーの手袋。
パンツも紺や地味なブルー。
シューズに関してはオレンジで目立つけど、MTBも黒字に赤のロゴだし、トータルコーディネートに関しては目立つとは言い難い。

そう考えるとメットは少し自己主張の強いものが欲しいと考えるようになった。
パッと目に付いたのがコイツ。
OGK FARO(ファロー) ペイントアート。

20131122faropaint_R.jpg

白地に鮮やかな色のペイントが色々と施されているので視認性は抜群。
しかし被ってみると、自分には少し似合っていない。
白という色は膨張色なので頭が大きく見える気が・・・
しかし被った際のシルエットはなかなかいい
たまたまペイントアートの横にあったモダンレッドを試着。

OGK FARO(ファロー) モダンレッド

20131122farored_R.jpg

いいじゃん。
真っ赤な赤のバイザーがしっかり自己主張している。
全体的に霞んで地味なコーディネートに締まりが出てきた。
白と違って心なしか赤黒のこのモデルは頭がシュットして見えます。

今までのメットの重量が重すぎたので
購入したFAROの軽さ(265g バイザー未装着)

軽ーい。
今までのメットは通気性とか無さそうだけど、OGKは穴が沢山空いていて夏にも快適そう

先週末早速ニューメットを装着してポタリングに出撃。

たまたま車のミラーに写った自分の姿を見てモチベーションUP。
軽いし頭にもフィットしているいて快適だ。

走行中珍しく倒木を避け損ねて前転ゴケ。
赤いバイザーが外れてしまった。
簡単に脱着するものみたい。
逆に転倒時にバイザーが外れないと危ないので、簡単に取れるのは良しとしよう。

いいメットを買ってモチベーションも上がってるし、近場でいいから山に行きたいな。

しかし今週末は完全に子守の予定。
嫁よ、早く今の仕事を終わらせて自分に時間ください。

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
2013-11-07 06:40 | カテゴリ:ランニング用品いろいろ
11月に入り日も短くなってきた。
関東では日の出は6時ぐらい、日の入りは17時前ぐらいだろうか?
11月の末になると日の出は6時半、日の入りは16時半頃になる。
朝にしろ夜にしろランニング用のいいライトが欲しい。


朝チャリ用にヘッドランプと
GENTOS(ジェントス) デルタピーク233

IMAG0496_convert_20121204063740_20131107062349bc3.jpg

テールランプは持っている。
Panasonic(パナソニック) LEDかしこいテールライト SKL090 ブラック
SKL090.jpg
が、両方ともRun用に転用できそうにない。
GENTOSのヘッドランプは少し重いので走るには不適だし、Panasonicのテールランプを持って走るのも億劫だ。
ランニングにも最適でポタリングの補強になりそうなライトはないものかと考えていた矢先。

先日よくチェックしているブロガーさんが、夜ポタ用に面白いライトを手に入れていたのが気になった。
その記事がこちら!

GENTOS(ジェントス) LED セーフティバンド 緑 AX-710GR
色々調べてみると、夜のポタリング用というよりランニング用によさそうだ。



動画を見ると
腕や足に簡単に括りつけて走れそうだし、発色も素敵だ。

めがねカッパさんは「赤」をgetしたからというわけではないが、自分は「緑」を購入。
こんな感じのパッケージに入ってくる。

2013110706100118e.jpg

腕に巻いて電池を入れると・・・眩い!

201311070609135ea.jpg

早速夜ランで試してみます。
発光部分が堅くて、ちゃんと曲がって腕に巻き付くのかと思いましたが付属のベルクロで締めあげれば問題ないです。
眩しすぎて通りすがりの女性がビックリこいてました。

近所の河原を走るのがRunの定番コースですが、ここは自転車の通行料も多い場所。
いつもはギリギリで自転車が僕を発見してかわしていきますが、本日はかなり遠い場所から距離をとってくれます。

こりゃ あ・ん・し・ん 。

ランだけではもったいないのでポタリングにも積極的に使う予定。
ヘッドランプが 「白」
テールライトが「赤」
携帯ライトが  「緑」

柏のデコトラ君になれるかな?

話は変わって、先々週自分にしては珍しく、長距離のポタリングに行ってきました。
毎週末近くなると雨でトレイルが濡れるので、山に行くのを控えていました。
しかし先々週は
家から「成田山新勝寺」の往復。
走りきれば90kmくらい。

早朝6:00に出発。
この日は手賀沼でマラソン大会があったようで

20131107060916091.jpg

20131107060917deb.jpg

写真2
「手賀沼を走るのなんて夏によく走っていたよ」と思ったのとエントリーが大変そうなので出場する気は無かったが・・・
近場なので家族が応援に来やすい点や、どうやら地元民に関してはエントリーで優先枠があるらしいということもあり、来年の出場は少し考えている。

新勝寺着

201311070609168bc.jpg


門前町も中々雰囲気があって良い。

20131107060919cff.jpg

帰りはもの凄い逆風でちっとも進まず。
タイムリミットがあったので途中から輪行で帰宅。
75km走行でした。

やっぱり舗装路よりダート。
平地より山がイイね。


2013-10-26 08:36 | カテゴリ:考えていること
台風が連ちゃんでやって来て、MTB乗りにとっては嫌な週末が続いてますね。
自分も最後に山に行ったのは2週間前

筑波で探索ライドしてました。
PRBR山周辺をいつもと違うルートを探しながらツーリング。

20131026082418a08.jpg

地図にない林道を発見したり

201310260824194c6.jpg

階段だらけのセクションを担いで下ったり、となかなかいいルートを発見できませんでした。

20131026082421fc5.jpg

ただこの当たりの土地勘が少し磨かれたかな。

さて本題です。
今さらながら「Thats Real MTB 3」書店で手にとってみました。
すいません購入したのではなく手に取った・・・つまり立ち読みしただけです。
エイ出版さんごめんなさい。

他の方がブログ書かれているので内容を話すのも何なんですが、特集は27.5インチ( 650B )です。
「やっぱそうだよな」
「このネタで来るよな」
と思いました。
特集の中身は、「Thats Real MTB 2」でやった29er特集を650Bで焼き直した感じ。
「うーん芸がない」
と思わずボソリ。

「Thats Real MTB 」のバージョン 1 はイメージカットみたいな写真が多くてすごく素敵なムックじゃないかと思っていましたが・・・
バージョン 2 からはかっちょいいビジュアルの写真が減って広告や特集記事ばかりで個人的にはすごく残念。
といいつつも、29erや650Bの特徴や優位性を総合的に調べている内容はいいと思う。
これから29erなり650Bで新車を検討してい方には、おすすめのムックだと思います。

このムックに関する自分の心情はともかく、特集の650Bに関しては「今年は来てるな」と勢いを感じます。
Giantなんて2014年モデルほとんどがが27.5インチモデルだもんね

クロスカントリー分野において29erが残るのは堅いと思います。
クロスカントリーからオールマウンテン・・・はてはダウンヒルまで650Bが26インチを食っていくのも間違いあるまい。
26インチの完成車が無くなってしまうのはしょうがないとして、650Bが世に浸透するにつれ、26インチ専用のホイールやタイヤ、サスペンションフォークがなどのパーツが少なくなってしまうのは困る。
ローエンドモデルは続くだろうけど、ハイエンドはメーカーも徐々にも取り扱いを辞めていくのは素人の自分でも容易に予想できます。

自分のように月に1・2回里山でXCゴッコを楽しむくらいで、壊れた部品から少しづつアップグレードしていこうと考えている輩にとっても、ホイール周りのパーツが少なくなっていくのは嫌なものです。

「壊れてないけど早めに良いホイール買いなさい」
「26インチのタイヤもラインナップが減っていきます。目をつけている商品は在庫しておきなさい」
と「業界」に言われてるようで非常に「嫌」です。

自分としてはこの規格が主流になれば、次のバイクは650Bの商品を購入するだろうけど、26インチのフルサスバイク買ったばかりの身としては

「650Bなんて・・・どうでもいい!」
「でもなんか、26インチのパーツが無くなるんだからとっとと買えや」
と言われているような風潮が嫌・・・というのが本音です。


ちょと毒吐いちゃいました。
すいません。

ここ半年で、必要性や緊急性が高くないのに26インチのホイールやタイヤをアップグレードした人、もしくはしなきゃと思っている人、結構いるんでないの・・・


2013-10-19 12:23 | カテゴリ:アウトドア全般の装備
久しぶりのブログ更新。
ネタが無いわけじゃないんだけど。
ブログは会社で書いているケースが多い。
でも最近は仕事が忙しく、終わってから書く気力が無くてね。
1日バタバタ仕事で駆けずり回って、帰宅せずに趣味のブログを執筆するのは「気力」として大変なのです。
家で書くのは子供に邪魔されるので中々時間が取れないし・・・

書いてないけどMTBには乗ってます!
「バリ」乗ってます。
10月も中盤になってMTB早朝ポタリングが非常に快適になってきているのが大きい。
先週なんて平日に4時半起きをして朝チャリに繰り出してました。
しかも平日2回も。
7・8・9月の暑い季節には考えられない事です。

朝日の昇る手賀沼方面へ

20131019120802c23.jpg

振り返るとまだ非常に暗い

20131019120803837.jpg

夏場はずっと付けていなかったテールライトも付けました。

201310191208057cf.jpg

今の季節は走り出してから30分もすればエンジンが温まりポカポカするのですが、走り出しが肌寒い。
シャツの上からサクッと羽織れる「もの」が欲しい。
できれば軽量で、たたむとコンパクトになるウインドブレイカ―。

春秋冬のランニングに春秋の自転車用に上記のスペックで狙っていた商品がありました。

モンベル 
EXライト ウインド ジャケット 45g

20131018exライト

U.L.ストレッチウインド ジャケット 123g

20131018ULストレッチウインドジャケット

トレラン推奨ギアなのだが自転車でも併用できそうだと思った。
両方とも専用のスタッフバックに入れれば手のひらサイズに。
チャリで走行中、暑くなったらスタッフバックにしまってサイクルジャージの後ろポケットにぶち込んでおけるよね。

実際、モンベルショップに行って手に取ってみたが
EXライトは45gと非常に軽いけどペラペラ過ぎてデザインが微妙。
U.L.ストレッチウインドはEXライトほど軽くはないがデザインも悪くない。
なによりストレッチ性があるので運動性に優れている。

モンベルの「U.L.ストレッチウインド ジャケット」にしようかと心が決まっていたのだが・・・
たまたまそのことを嫁に話していたら後日面白いセール情報を持ってきた。

Patagonia Men's Houdini Jacket

20131018フーディーニジャケット

パタゴニアの軽量ウインドブレーカー、こいつが近所で3割半引きで販売されているらしい。
定価13650円が9000円弱になっている。
モンベルより少し高いけど、「面白いな」と思い店頭へ。

生地の質感は「U.L.ストレッチウインド ジャケット」に軍配が上がるけど、デザイン性とか肌触りはいい感じ。
なんといっても「パタゴニア」と言うのが・・・ロゴだけでカワイイ。

重さ 公称 113g
    実測 108g

ポケッタブルなのでポケットを裏返して収納するとこんな感じ。
拳大ぐらいの大きさに。

201310191208008b0.jpg

さらっと着れて、しまうとコンパクト。
しかもカッコいい。
薄手なので耐久性がチョイ気になりますが、これからの季節、Runにバイクにヘビロテしそうです。

最後に補足を、胸ポケットしかないのでポケット多めがいい人にはマイナスかもです。

パタだったら普段着で着るのもいいかも


2013-10-01 18:47 | カテゴリ:アウトドア全般の装備
UNDER ARMOUR(アンダーアーマー)とかSKINS(スキンズ)とか、ペラペラのインナーに上下で安くて10000円高いものだと2万近く出費する気にはなれない。
そもそも本当に着圧の効果なんてあるのか?という思いもある。

でも上下ロングタイツを着て、その上からTシャツと短パン着て走ったりMTBに乗ってみたいなと考えていた。
シャツとパンツを上手くアレンジすればインナーの質が微妙でも
「かっこよく風・・」
ぐらいには・・・素人さんからは見えるかも。

UNDER ARMOUR、SKINS、CW-Xのような名の通ったメーカーではなくてもいいから、物は良くて評判の良いメーカーを探していると

「TIGORA(ティゴラ)」というメーカーが検索に引っかかってきた。

logo_tigora.gif

「TIGORA」はアルペングループのPB(プライベートブランド)。
質の良い商品を安価に提供していることで定評があるらしい。
ここのコンプレッションインナーはロングのトップスとロングのボトムスともに「4000円弱」。
上下合わせて「8000円」くらい。
セールになればもっと安くなる。
サイクルベース名無しなんか見ても評判はいいけどamazonや楽天ではあまりレビューがない。

amazonや楽天のようなネット系で「推されて」いるメーカーが
「Take Five(テイクファイブ)」だ。
上下ともに2000円、合わせて4000円弱、TIGORAに比べても半額になる。
amazonを見るとTIGORAと比較しても遜色ないようなコメントがあったので早速ポチってみた。

・トップスのURL
・ボトムスのURL

ちなみにこちらのメーカー ・・・ 安心?の韓国製だ。

到着したので写真撮影。
極めて質素な包装で到着。
地球に優しそう。

20130928203400c89.jpg

広げて写真をパチリ。

20130928203403339.jpg

201309282034023a8.jpg

ロゴとか本格的な感じで素人目はごまかせそう。
生地が薄く感じるのだが、耐久性は大丈夫だろうか。
なにしろ他のメーカーを良く知らないので、この商品が薄いのか普通の厚みのある商品なのかよくわからん。

ちなみに身長175cm・体重 70kg、下半身はごつい方なのでトップスは「M」ボトムスは「L」をチョイス。
このサイズ選びは正解のようだ。
着てみると適度な着圧感があり悪くない。
上下タイツの上にTシャツと短パンを履くと「それなりに」・・・さまになってる?

9月下旬の朝、半袖短パンだと寒いくらいの気温。
上下インナーを試着してMTBで軽く走ってみた。
寒い・・・
特に上半身は走り出しが寒いかも。
Tシャツから出ている腕の部分がスースーする。
今はまだいいが、これから寒くなる季節で着るなら、あくまでもインナー風に着用するしかないか。
下半身はまだ耐えられる。
でも真冬はこの上にシャカシャカを履かないと無理だな。

同じような気温で今度はランニング。
走り出しは同じく少し肌寒いが、動いているとだんだん熱くなってきた。
ランニングだと結構寒くなってもイケそうだ。

まだ3回ぐらいしか着てないが、着圧の効果についても少し実感できた。
運動してる間は筋肉の疲労は感じなかったが、脱いだ途端に疲労感を感じた。
これは圧迫の効果だと信じたい。

耐久性や本当に着圧の効果があるのかどうか、また真冬の保温性についてはもう少し使用してみないと分からない。

半年後ぐらいにレヴューを上げるつもりなのでそれまで待っててね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。